ずっと愛されている作品の魅力

こんにちは~。スタッフYです。

今日はアートと特に関係ない話です。
先日、しばらく積読状態だった「シャーロック・ホームズの冒険」を読みました。
かの有名な名探偵シャーロック・ホームズシリーズの、第一短編集です。

小・中学生の頃のスタッフYはといいますと、
アガサ・クリスティの短編集は熱心に読んでいた記憶があるものの、
コナン・ドイルは、「緋色の研究」を図書館で借りて、そのあと読んだかどうか覚えていない…という状態で
さっぱり記憶にありません。

が、急に、半年前くらい前「とりあえず、短編から読もうかな~」と思って買ったのでした。
で、まぁ、結局積読していたわけですが。

読んだらまぁ、おもしろいおもしろい。
読んでいる間に先が気になり、
一編が終われば次の一編が気になり、
読み終わったら今度は他のホームズ物語が読みたくなり、
ポイントカードを持ってる本屋さんに行く時間も惜しく
アート・コーナーからの帰りに、ファクトリーの本屋さんで「緋色の研究」を買ったのでした。

こんなに読みたくなる本というのは久しぶりのことでした。
お話ももちろん、ホームズもワトスン君も魅力的なキャラクターで
「ずっと残っているのには理由があるってこういうことだ!」と思い、
更にわくわくしたのでした。

時代も場所も越えて、ずっと残るほどの魅力ってすごい!

新しく続々生まれてくる素晴らしいものもいいけど、
ずっと愛されている魅力的な作品にどんどん触れて、学んでいきたいな~とも思い始めた、スタッフYでした。

※ところで明日あさっては、<アート・マーケットinサンプラザ>です!
アートマ、初めての会場!!
初めての会場ですが、アートマで発表されていくアートや手作り作品が
愛され続けたらいいなぁ~という気持ちは、ずっとかわらないですよ。
ウフフ。
皆様のお越しをお待ちしております♪

Y

by art-ma-network | 2012-02-03 18:41 | スタッフのひとこと | Comments(0)